MACD

MACDは、移動平均収束拡散手法とも呼ばれており、「マックデイー」と読みます。オシレーター系指標の中でもよく使われているものの1つです。視覚的な判断がしやすく信頼性が高い上、トレンドの先行指標としてもよく便われています。

MACDとは

MACD「Moving Average Convergence/Divergence」はマックディーなどと呼ばれているオシレーター系指標ですが、名前にもあるように移動平均というトレンド系の要素も含むことから信頼性の高いテクニカル指標と言えます。

MACDの計算方法

MACDでは一般的な単純移動平均(SMA)を使用せずに、指数平滑移動平均(EMA)というものを使います。EMAはSMAのように、一定期間の価格の単純な平均値をとるのではなく、前日の価格変動に対してより比重をおいて平均値を算出するため、直近の値動きにより注目するものです。
指数平滑移動平均の計算方法は次のようになりますが、初日だけは前日の指数平滑平均の値がないので、単純移動平均を使います。

当日の指数平滑平均(E)= 前日の指数平滑平均 + α ×(当日終値一前日の指数平滑平均)
α:平滑化定数 α=2 ÷(X+1)XはSMAの平均期間

MACDの仕組みと特徴

一般的にオシレーター系は逆張り指標として用いますが、MACDは移動平均線という性質から先行指標として判断するため、順張り指標として用います。MACDは長期と短期の2本の指数平滑移動平均線を求めて、短期線の値から長期線の値を引いてその差(乖離率)をグラフで表したものです。要するにこの2本の線の乖離を求めているわけですから、この2つの線がクロスする時にはMACDの値はゼロということになります。
さらに補助線としてシグナルというものを組み合わせます。シグナルとはMACDの移動平均をとったものです。
計算期間の組み合わせの目安としては日足なら12日と26日が一般的で、シグナルの期間は9日を使用します。長短の平均線やシグナルの期間などは短過ぎると売買のタイミングが頻繁に出て騙しが多くなり、反対に長過ぎると実勢レートから遅れ過ぎてタイミングを逸してしまうということになります。

MACDの基本的な見方

売買の判断は、MACDとシグナルの絡みやそれぞれの向きを見ながら行います。MACDは直近の実勢レートの動きに早く反応し、シグナルの方はMACDを移動平均している分、やや遅れて反応します。そのため、短期移動移動平均線と長期移動平均線のような関係になります。
見方は次のようになります。

買いサイン
MACDがシグナルを下から上に抜いた時
MACDがシグナルを上に抜き、さらに両方の線がゼロのラインの上に抜けてプラスに転じた時は強い買いのサイン
実勢レートが下落しているにも拘わらず、MACDとシグナルの両方が上昇している時
売りサイン
MACDがシグナルを上から下に抜いた時
MACDがシグナルを上から下に抜き、さらに両方の線がゼロラインの下に抜けてマイナスに転じた時は強い売りのサイン
実勢レートが上昇しているにも拘わらず、MACDとシグナルの両方が下落している時

MACDを使った売買の判断例

長くトレンドが続いた後に、MACDとシグナルがクロスした場合は大底や大天井になることが多く、その信頼度は高くなります。
MACDは先行指標であり、トレンドができる前にそのサインを示唆します。そのため、長い間実勢レートがトレンドを継続しているにも拘わらずMACDが反対の動きを見せる時は、トレンドの転換を示すことが多く見られます。これはオシレータ系指標に見られる逆行現象と言われるものです。