一目均衡表

一目均衡表は、故一目山人が長い歳月をかけて研究し発案した独自の相場予測手法です。海外でも「ICHIMOKU」あるいは「CLOUD」と呼はれ多くの人が利用しています。

一目均衡表とは

一目均衡表は価格変動(値幅)よりも時間の変化に重点を置くもので、相場を立体的に捉えたところに特徴があります。一目均衡表はローソク足を使いながら次の5つの線で構成されます。

  1. 基準線:当日を含む過去26日間の高値と安値の平均値
  2. 転換線:当日を含む過去9日間の高値と安値の平均値
  3. 先行スパン1:基準線と転換線の平均値をとり、当日を含めて26日先行させたもの
  4. 先行スパン2:当日を含む過去52日間の高値と安値の平均値をとり、当日を含めて26日先行させたもの
  5. 遅行スパン:当日の終値を当日も含めて26日遅行させたもの

基本は移動平均線がベースになりますが、その期間の高値と安値を使うところや一目山人特有の基本数値を用いるところに特徴があります。

一目均衡表の基本的な見方

基準線と転換線の関係でトレンドを見極める

「均衡表」の名の通り、このチャートの大きな特徴は相場の「均衡」を見ることにあります。相場の売り買いの均衡が崩れるポイントに注目します。崩れるというのは相場の強気と弱気の力のバランスが逆転する時ということです。例えば基準線が26日間の高値・安値の平均値であるのに対し、転換線は9日間と約3分の1の期間で高値・安値の平均値をとっています。これは、直近の値動きとその3倍の期間での値動きの比較をしているということです。短期の値動きが長期の値動きに対して反対の動きをし始めたという時、即ち基準線と転換線が交差した時(好転/逆転)こそ均衡が崩れる時と捉えます。
また、トレンドを見極める際には実勢レートの位置と基準線、転換線の位置の関係で判断します。

基準線と転換線の基本的な見方

上昇トレンド:上から実勢レート ⇒ 転換線 ⇒ 基準線
基準線を転換線が下から上に抜けた時点(好転)で実勢レートがその上にある時は上昇トレンドの始まるサイン。
下降トレンド:上から実勢レート ⇒ 転換線 ⇒ 基準線
基準線を転換線が上から下に抜けた時点(逆転)で実勢レートがその下にある時は下降トレンドの始まるサイン。

相場がもみ合い状態の場合には基準線と転換線は頻繁に交差し、上下が入れ替わることになります。これはゴールデンクロスやデッドクロスと似た考え方です。実勢レートが基準線の上にある時は強気相場、下にある時は弱気相場と単純に見ることもできます。

先行スパン(雲)の基本的な見方

一目均衡表の最も大きな特徴がこの先行スパンです。先行スパン1と先行スパン2に挟まれた帯状のスペースを「雲」や「帯」と呼びます。先行スパン1は基準線と転換線の平均ですから、単純に考えれば長期と短期の値動きの差を比較して、それをならしたものということになります。
次に、雲と実勢レートの位置関係で見ると、雲は支持帯(サポート)あるいは抵抗帯(レジスタンス)になったりします。

  1. 雲の上に実勢レートがある場合は雲が下値のサポートになり、反対に雲の方が上に位置する時には、雲が上値のレジスタンスとなる。
  2. 雲の厚みが厚くなるほどサポートやレジスタンスは強くなり、反対に厚みが薄い時には弱いと判断する。
  3. 雲の上限を上に抜けると買い、雲の下限を下に抜けると売りのサインになる。
  4. 雲の中で推移する時には方向が定まらず不安定な動きになりやすい。
  5. 雲の方向はトレンドを示す。
  6. 先行スパン1・2が交差する時、いわゆる異のねじれが生じた時にはトレンドの転換を示す。

したがって、上昇トレンド時には実勢レートの下にある雲に支えられて反発しやすく、買いのタイミングになります。下降トレンド時には上にある雲にぶつかって反落することが多く見られ、売りのタイミングです。注意すべきなのは、トレンドの変わり目には雲を突き破るような動きになるということです。このような場合、一気に突き抜けることが多いようですが騙しも多く見られますので、これだけの動きだけではなく、他のチャートなども併用して見ることも肝心です。
また、雲のねじれが生じた時は、その付近の実勢レートに波乱が生じることが多く見られることにも注意してください。

遅行スパンの基本的な見方

遅行スパンは、当日の終値を26日前に記すことで、現在の実勢レートと比較をするという単純なものです。もし、遅行スパンが実勢レートを下から上に抜いた時には上昇サインと考えます。反対に、遅行スパンが実勢レートを上から下に抜いた時には下降サインということになります。つまり、当時のレートが現在のレートよりも下に位置しそのレジスタンスを上に抜ければ買いのサイン、反対に上に位置しそのサポートを下に抜ければ売りサインとみなすものです。
以上が一目均衡表の基本的な見方ですが、一目山人は最初にも触れましたように、「相場は値幅ではなく時間である」と述べており、日柄分析の相場理論も形成されています。

時間論など

投資家の心理は時間の経過とともに変化していくという概念から「相場は時間が主体であり、レートはそれに付随した動きである」という考え方をとり、目標値や変化日を求めようというものです。そこには時間論、波動論、そして値幅観測論の3つの基本があります。

時間論

前述の通り、一目均衡表では基準線の日数が26日、転換線が9日という数値が使われています。一目均衡表は時間を主体として考えられるもので、一目山人は先験的に存在する基本数値というものを見つけ出し、変化日の測定に用いています。それらの中で特に重要な数値を単純基本数値と呼び、更にそれらを組み合わせてできた数値を複合基本数値と呼びます。

単純基本数値:9、17、26
複合基本数値:33、42、65、76、129、172、226 など

基本数値以外にも対等数値というものがあります。天井や大底がいつ終わるのか、あるいはどこで起こるのかを知ろうとするものです。その目標地点を見つける手段が対等数値です。現時点から見て過去の上昇や下降の波動日数が次の波動の日数とほぼ同じになる場合が多いという経験から、次の変化日を予想することができるというものです。変化日というのは天井や大底を打ち、反対の流れに転換する日のことですが、これが天井から天井の時もありますし、大底から大底の時もあります。それぞれの状況により異なりますが、その時々で自分が当てはまると思ったローソク足の日数を数えていくことが大切です。また、日数も全く同じ日数ではなく数日ずれたとしても余り問題はないようです。
その他にも、相場の値動きの波動の形には決まったパターンがあり、それを表す波動論、いつ目標値に到達するのか、あるいはいつ下落するのかを探る値幅観測論があります。
これらの理論は一朝一夕に理解できるものではなく、非常に奥が深いものです。もし本気で理解しようとすれば、「一目均衡表』など原著を読み込むことをお勧めします。ただ、今回説明した基本的なものを頭に入れながら、色々な通貨や期間を変えながら何度かチャートを眺めていくだけでも相場が次第に見えてくるものと思います。一目均衡表の雲だけで十分と言う人もいますが、本来は計算値や基本数値、対等数値の日柄など総合的に判断して、初めて相場の転換点が明確になるということです。