フィボナッチ・トレースメント

フィボナッチ・トレースメントは、フィボナッチ数列や黄金比を使って相場の転換点を予測するテクニカル分析です。他の指標とは趣を異にしますが、不思議と当たることも少なくありません。

フィボナッチ数列とは

フィボナッチ数列とは、13世紀のイタリアの数学者レオナルド・フィボナッチにちなんで名付けられた、不思議な特徴を持つと言われる数列のことです。
このフィボナッチ数列は自然界でもよく見られます。有名なものでは松ぼっくりです。裏側から見た松ぼっくりは、左巻きと右巻きの渦が見られ、それぞれの渦の本数はフィボナッチ数列にある数と同じになります。他にもこの法則が当てはまるものは多く、ひまわりの種の並び方や木の伸び方、そして宇宙で見られる星雲の渦にもこの法則が成り立ちます。

フィボナッチ数列
0、1、1、2、3、5、8、13、21、34、55、89、144、233、377、610、987、1597、2584、4181、6765…

黄金比とフィボナッチ数列には深い関係がある

フィボナッチ数列のそれぞれの数は一見何の関係もなさそうに見えますが、これらは深い関係にあります。例えばフィボナッチ数列の隣同士の比率を見るとよくわかります。これら1:1.618や0.618:0.382といった比率は黄金比または黄金分割とも言われ、古くから最も美しいバランスの取れた比率とされてきました。例えばパルテノン神殿やピラミッドの縦横比(5:8)やミロのビーナスの身長と膀の高さの比率(1:0.618)など、黄金比が用いられていることはよく知られています。
実際その比率をフィボナッチ数列から計算してみましょう。この数列には様々な特徴がありますが、主な特徴は次のようなものです。

  1. どの数字もその前の2つの数字の合計になります。例えば3は1+2、5は2+3、8は3+5、13……という具合に続きます。
  2. どの数も1つ上の数字に対して0.618倍の割合になり、1つ下の数字に対しては1.618倍の割合になります。例えば55÷89は0.617977…となります。この数字が右に行くほど(大きい数字になるほど)0.618に近づきます。反対に89÷55は1.61818…となります。
  3. 2つ上の数字に対して0.382倍、2つ下の数字に対して2.618倍になります。
  4. 3つ上の数字に対して0.236倍、3つ下の数字に対して4.236倍になります。

他にも色々ありますが、これだけ知っていれば十分です。実践のチャートで使われる黄金比は、0.618、0.382、0.5、0.236、1.618、2.618…、そのバリエーションとして、0.145、2.236、4.236…などが良く使われます。

黄金比を使ったフィボナッチ・リトレースメント

たとえ強いトレンド相場であっても相場は一本調子ではなく、大きく上昇した時は押し目を付け、また大きく下げた時は戻しがあるものです。日本でも昔から相場の格言として、半値押し(戻し)、3分の1押し(戻し)などはよく知られています。また、エリオット波動理論は、フィボナッチ数列や黄金比と深い関係があります。
フィボナッチ・リトレースメントは、このエリオット波動理論を元に、フィボナッチ数列や黄金比を利用して相場の先行きを予測するものです。
具体的には、天井(高値)から底(安値)、底から天井までの値幅を100%として、そこから次にくる戻りや押し目のレベルを予測し、目標値として考えます。

フィボナッチ数で相場の転換日を予測する

フィボナッチ数はその他にも色々なところで使われます。例えば移動平均線の計算日数などのパラメーターを90日移動平均線の代わりにフィボナッチ数の89日を使うこともあります。しかし、それ以上にこの数字の特徴を生かしたものが相場サイクルの日柄計算です。
天井を打ってから何日目に大底をつけるのか、あるいは大底を打った後、何日目に次の天井に到達するのかなど、相場の重要な転換日を予測する手段としてもフィボナッチ数は使用されます。
例えば55日後のXデーに大統領選挙があるとか、何か重大なイベントが起こるとします。そのようなときにこのフィボナッチ数で日柄を予測し、さらにフィボナッチ比率から為替レートを予測します。実際、予測した日柄と為替レートがXデーと重なるようなときは、その日が転換点になる可能性が高いと考えることができます。常にぴたりとフィボナッチ数に当てはまるというわけではなく、それに近い数字でも同じような現象が見られることがありますので、その辺は臨機応変に考えて良いと思います。
このようにフィボナッチ数や黄金比を利用することで、自分の予測の信頼性を確認する1つの目安にもなります。