お金のパズル

一発勝負を避けてコツコツやる人、負けた時に自分の感情を抑えて冷静になれる人、自分を客観視できる人の方が結局は勝っているケースが多い。

生き残ることでチャンスをつかむ

FX取引も含め、相場に参加する人には2通りのタイプがいるようです。1つは一発型、もう1つはコツコツ型です。

一発型のタイプは資金を失いやすい

よく「一晩で大金持ちになった」という話を耳にします。一晩というのはオーバーだと思いますが、確かにそういったチャンスはあります。特に他の相場と比べれば、FXはその可能性が高いと言えます。それはレバレッジという武器があり、少ない資金で大きな取引ができるからです。思惑通りに大きく動けばピラミッディングなどを使って手持ちの資金を何倍何十倍に増やすことも可能です。
ところが実際はそううまくはいきません。レバレッジが高ければそれだけ為替変動リスクも大きく損切りレベルが近くなり、頻繁に損切りの方が先についてしまう、いわゆる損切り貧乏に陥ることになります。
一般的に一発タイプの人は大勝ちする前に資金の底がついてしまい、最終的に取引を止めてしまう場合がほとんどです。また、もし大きく勝ったとしても、さらに大きく勝とうとして結局儲かった分も全て失ってしまうということが多いのです。相場の難しさは損切りの難しさにありますが、勝った時の利益を確保する難しさもあります。
いずれにしても、生きるか死ぬかの勝負はただの博打です。相場の世界では、まず生き残ることが大切です。

コツコツ型でチャンスをつかむ

毎日小さい勝利をコツコツと積み重ねていれば、年に何回か必ずチャンスがやってきます。それをつかむにはFX取引を継続して行うことです。
例えば、2008年のリーマンショックでは、全てのクロス円が急落しました。その急落場面では、それこそ短期間で数年分の利益を得られるチャンスが訪れましたが、途中で買いを入れてしまい大きく損を出した人、さらに買い下がってしまった人も見られました。ところが毎日コツコツと取引を重ねていれば、そのような場面では相場観が働くようになります。最初の下落時に危険を感じ、損切りを早めにして損失を最小限に食い止めた人、損切りしてすぐに売りに転じ、損失を利益に変えた人もいました。
毎日コツコツと取引を行っていたからこそ、このようなチャンスもつかめるというものです。そのためには自分で決めた1日の損失許容額や取引金額のリミットを決して超えないことが原則です。もちろん、年に何回かは例外的にリミットを超えてポジションを持つこともありますが、それは本当に自信がある時でありチャンスの時に限られます。

はじめに勝つ人、負ける人

最初にFX取引を始めて勝った人と、負けた人とでは負けた人の方が長続きしている人が多いように思います。最初から勝ってしまうと、最初の勝ちパターン(成功体験)から頭が離れられなくなってしまい、結局勝てなくなると諦めてしまう人が多いようです。
ところが、最初に負けから始まる人にはそれですぐにやめてしまう人もいますが、どうしたら勝てるのか必死に研究することで最終的に良いトレーダーに育っていくパターンが見られます。皆が皆そうというわけではありませんが、柔軟性と共に粘り強さも大事なことです。

FXで勝つための心構え

意地を張らないこと

間違ったと思ったらすぐにそのミスを認めることです。少なくとも3回続けてミスをすることは避けましょう。1回目のミスは何とか取り戻せますが、2回目のミスを取り戻すのは1回目の数倍難しくなり、3回目のミスは取り返しのつかない損失に膨らみます。
ゴルフの例で恐縮ですが、第1打をドライバーでボールを林に入れてしまい、ほとんどピンを狙えない状況だとします。第2打で無理矢理ピンを狙ったために木にぶつけてさらに林の奥に入ってしまい、そのあげくにそこから一発逆転でグリーンを狙い、最悪な状況になったという経験はないでしょうか。
最初のミスをFXで例えれば、ポジションが思惑と反対に行った時のようなものです。その時にロスカットをしていれば傷は小さくて済みます。2回目のミスは林から直接狙おうとせず、横に出しておけばボギー程度で済んだかも知れないというものです。これは最初に持ったポジションを切らずに、もしかしたら戻ってくれるかも知れないといった「運任せの行為」と同じです。3回目はかなり頭に血が上り、既に冷静な判断ができなくなり、やけくそ気味の状態です。これは、為替レートがさらにアゲインストになったことから苦し紛れのナンピンや、ダブルアップ(倍返し)で一発逆転を狙うのと同じです。ある程度の確信があれば別ですが、このような取引を繰り返すと取り返しのつかない状態まで陥ってしまいます。
最初のミスはミスではなく読み間違いです。間違いと気づいた時点で一旦ポジションを切らずに、そのまま持ち続けたことが大きなミスにつながるということです。そこで切れないということは、それ以上に悪化した時はさらに切れなくなります。間違ったら迷わず切るというように、自分の感情を抑えられる人が最後に勝ち残れます。どんな人間でも未来を見通すことなどできません。ほとんど五分五分の確率の中を少しでも有利な状態を長くし、悪い状態を短くすることが利益につながります。

苦しいを経験すれば鍛えられる

何度か苦しい経験をしていると自然に自分が鍛えられるものです。誰でも最初は何度か同じ失敗を繰り返します。授業料をある程度払うのは仕方ないとしても、そこには学習効果がなければいけません。苦しい戦いほど鍛えられ、かつ成長させてくれます。
相場は最後は自分の判断で行い、全て自己責任の戦いです。もし誰かがアドバイスをしてくれたとしても、その判断は自分自身です。相場が悪いとか言って当たり散らしても成長はありません。他人のせいにするのではなく、自分のどこが悪かったのかを常に反省することで、次に同じ過ちを繰り返さないようにする。これが相場で生き抜くコツです。自分をどこまで鍛えていけるのか、それが相場の楽しさでもあると思います。

相場は宇宙と同じ

為替市場は1日約5兆ドルを超える取引が行われています。企業や個人が幾ら大きな金額を使って相場を動かそうとしても、ほとんどビクともしないのが為替相場です。相場は宇宙に似ています。宇宙は絶対的なものであり、それを変えようとするのは不可能です。一対一の戦いであれば相手を倒せば勝てますが、外国為替市場は違います。自分自身がその宇宙と同化していくように市場の動きに同化することで、相場の流れが少しは見えてくるものだと思います。

FXで勝つために

  • 大勢(一方向に市場のコンセンサスが傾いているような時)には早く乗って早く降りる。その後は逆張り。
  • 上がり過ぎはよく下がり、下がり過ぎはよく上がる。反動を利用する。
  • 自分のポジションを他人のポジションに置き換えて考えてみる。
  • チャートは人の心理そのもの。チャートを読めば短期相場が見えてくる。
  • 24時間為替のことを忘れない。中途半端な取組は危険。
  • 恐怖はチャンスの兆し。楽な勝ちの後はリスクが待ち構える。
  • 勝つまで続ける。立ち直れない負けは死ぬのと同じ。
  • 相場は宇宙と同じ。相場(宇宙)を動かそうとするのではなく自分自身を相場に合わせる。
  • チャンスは毎日の地道な取引の中に訪れる。一発勝負はただの博打。