外国為替

ポジショントレードは大きなトレンドに沿って、数週間から数か月の間ポジションをキープしながら利鞘を伸ばすのがポジショントレードの基本。

ポジショントレードの手法

スイングトレードをさらに延長したものがポジショントレードです。スイングが数日から数週間トレンドに沿ったポジションをキープするのに対し、ポジショントレードはさらに長いトレンドを狙って、数か月の間同じポジションをキープすることもあります。チャートは月足、週足そして日足という長い足を見ながらトレンドを探ります。
ポジショントレードに向いた通貨ペアは、デイトレやスイングと特に違いはありませんが、トレンドを確認した上でチャンスがあると見れば、外貨同士の通貨ペアも積極的に選択肢に入れます。

ポジショントレードの基本手順

大きな長期トレンドに沿って順張りでポジションを作る

例えば月足、週足ともに同一方向の長期トレンドが継続している時、日足も同じ方向のトレンドが見られるならば、その方向に順張りでポジションを持ち、トレンドが終了するまでキープするのが基本になります。

利食いと損切りの幅は広く、ポジションは少なめに

ポジショントレードは長期のトレンドを利用しますので、スイングよりもさらに利食いと損切りの幅は広く取ることになります。一度ポジションを作ったら、あとはOCO注文などで決済注文を出しておけば、普段はあまりいちいちレートをチェックする必要はありません。ポジションはスイングと同様デイトレよりも少な目に持つようにします。

長期トレンドの見極めと入るタイミングがポイント

長期のトレンドが始まる時はファンダメンタルズが変わる時と言っても良いでしょう。特にその国の金融政策が変わる時には新たなトレンドが始まるサインと見ることができます。通貨ペアを選ぶ時には特にその国同士の金融政策が異なるほど、トレンドがはっきりと出てくるものです。ただ、この数年間は世界的な低金利時代に入ったことから、ほとんどの主要国は超低金利政策を採用しているため、金利レベルには大きな違いは見られません。

ポジショントレードのポイント

  • 月足、週足、日足がともに同一方向の長期トレンドになっていればチャンス大。
  • 日足を見てタイミングに注意して入り、トレンドが終了するまでポジションをキープ。
  • 利食いと損切りの幅はスイングよりも大きくする。
  • ポジションのサイズはデイトレよりも小さめにする。