エリオット波動理論は、米国のチャーチスト、ラルフ・ネルソン・エリオットが約75年間のNYダウの株価波動を分析して発見した相場サイクルの波動理論です。

エリオット波動理論とは

エリオットは、相場のトレンドの上下の動きには一定のリズムがあることを提唱しました。これをエリオット波動理論と言います。彼は一見なんでもなく見える相場の動きにも、宇宙や自然の法則のような普遍的な法則と同じ動きがあることを見出しました。このエリオット波動の理論的背景にはフィボナッチ数が大きく関係しています。エリオット波動理論には以下の3つの特徴があります。ここでは波動パターンを中心にご紹介します。

  1. 波動パターン
  2. 比率
  3. 時間

エリオットによれば、この中でも特に波動パターンが重要だと言われています。この波動パターン分析は主に長期の予測に使用されますが、日足や時間足など短期的な予測にも役立ちます。それは波動自体はどのような規模の波動でも、基本的には同じ動きが現れるためです。

相場の1サイクルは上昇5波と下降3波の計8波

1つの山の相場サイクルは、基本的に大きな上昇波動(上昇トレンド)と下降波動(下降トレンド)からできています。上昇波動は大きく分けて、上昇する3つの小波動と下降する2つの小波動の組み合わせによって構成されます。例えば一気に山に上るのではなく、途中まで上ると少し押し戻され、また上り始めると押し戻され3回目にやっと頂上に到着するというイメージです。
下降トレンドは大きく分けると、下降する2つの小波動と上昇する1つの小波動の組み合わせで構成されます。下る時は登る時よりも少し時間は短く、一度目に降りたところで少し戻り二度目に一気にかけ降りるといったイメージです。
このように1つの山のサイクルは上昇5波と下降3波の8つの波動の組み合わせで基本的に構成されていると考えます。その時大切なポイントは、いまが上昇トレンドなのか、あるいは下降トレンドなのかを見極めることです。

押す力とそれを修正しようとする力

大きなトレンドが始まると途中の上昇トレンド(上昇波)では押し上げる小さな上昇波とそれを戻そうとする修正波に分かれます。下降トレンド(波)では押し下げる小さな下降波とそれを押し戻そうとする修正波に分かれます。波動は長短の時間にかかわらず、どんな時にでも現れます。違いは波動を形成する時間だけで基本的な見方は同じになります。
上昇波動は、3波の上昇と2波の修正で上昇トレンドを構成します。その時の戻しの大きさや時間はフィボナッチ比率とも関係します。即ち上昇あるいは下落の後の押しや戻しを予測する目安となります。
下降波動ではA波、B波、C波でカウントされ、2つの下降波動と1つの修正波動で構成されます。各波動の特徴は表3,5のようになります。押しや戻しの幅の程度は他にも色々ありますので、その時々の動きを見ながら判断して下さい。
以上が、エリオット波動の基本的な考え方と見方になります。

上昇第1波

下降から上昇へ変わる最初の動きで、まず底固めとして3波や5波と比較して反発は小さく短い。この段階ではまだトレンドが始まるかの判断が難しいため、まだ打診買いの段階と考えられる。もしこの第1波が長くなる時は、上昇トレンドが始まらない場合もあり注意を要する。

上昇第2波

第1波の上昇を修正する動きで、第1波の上昇を押し戻す。下落幅は第1波の0.382倍あるいは0.618倍が目安。その時完全に押し戻された場合は典型的な転換を示すダブルボトムとなる可能性が高い。

上昇第3波

第2波で底が確認されれば市場心理として買い安心感が広がり、本格的な上昇に入り上昇幅は長く強いものになる。上昇幅は第1波の1.618倍あるいは2.618倍が目安。

上昇第4波

第2波と同様第3波の上昇を修正しようとする動き。この第4波は第2波の動きと逆相関のような動きが見られる。第2波が騙しのような複雑な動きをした時には、その後の第4波は素直に押し戻す時が多く見られる。最後の上昇波が始まる前の手仕舞いや押し目買いなどが入り乱れ、複雑な動きを見せるのが特徴。下落幅は第1波の0.382倍あるいは0.618倍、または対等の動きになると見られる。
※特にこの第4波には保ち合いパターンのトライアングルが形成される場合が多く見られ、これは第3波が大きく上昇したとぎ程よく見られる。
※第4波の安値が第1波の天井を下回らないことが、上昇波動が構成される原則。

上昇第5波

高値不安が増してくるため、第5波は徐々に上昇スピードや出来高が減少し、上昇幅は第1波と対等あるいは1.618倍と見られる。ただ、第3波が小さい場合はむしろ大きく伸びることがある。

下降A波

天井をつけた最初の下降波で利食い売りが目立つものの、下落途中には押し目買いも見られる。この下降A波が5波で下落する時は上昇波の終わりのサインと見る。上昇第4波の底はこの下落時でのサポートになりやすい。

下降B波

下降A波だけではまだ上昇トレンドが終了しないと見て、押し目買いを入れる動きが見られる。もし上昇第5波の天井を超えた場合は新たな上昇相場が始まった可能性がある(稀にランニング調整といって騙しの動きの場合もある)。この時の戻しは単純な3つの波で構成されるのが原則。

下降C波

下降B波が上昇第5波の高値に届かなかった場合には疑心暗鬼から高値恐怖感が広がる。この時下降C波はA波の底を抜けると下落が加速して急落する場合が多く、フィボナッチ比率で計算されるレベルを目指すこともある。