テクニカル分析
相場の分析手法には大きく分けてファンダメンタルズ分析とテクニカル分析があります。両者をバランス良く利用することが必要です。

FXで利益を上げるためにはテクニカル分析は大きな武器となります。最近では色々なチャートを手軽に見られますが、チャートだけを見ているとついレベル感だけが先行し、下落時には低いところで買いたい、上昇時には高いところで売りたいとばかり思ってしまいます。
しかし、テクニカル分析をすることで、そんなはやる気持ちや熱くなった頭を冷やしながら相場を客観的に見ることができます。

テクニカル分析はFX取引に必須

テクニカル分析とは過去の価格動向から現状を分析し、今後の相場の動きを予測して売買のタイミングを計るためのものです。テクニカル分析には大きく分けてトレンド系とオシレーター系があります。トレンド系指標というのは、これから相場が上昇するか下落するかといった方向性、即ちトレンドを計測するためのものです。オシレーター系指標の「オシレート」というのは元々振動するという意味で、振子のように売られ過ぎや買われ過ぎの振幅から相場の強弱を計測するためのものです。
各テクニカル分析について詳しい説明は以下を参考にしてください。

相場で最も重要なのはトレンドを見つけること

相場というものはいつまでも一方向に動くことはありません。大中小の波が上下動を繰り返しながら進み、引き潮や上げ潮に変化する潮目などもあります。
相場はトレンドを見つけることが重要ですが、テクニカル分析はチャート上からチャートポイント、トレンド、そして天井や大底の転換点を見つけだすことが主な目的です。それにより自分の相場観を確認し、信頼性を高めるものです。
売られ過ぎ買われ過ぎというのは、短期から長期まである程度相場を見ていると自然に流れの中で感じるものだと思います。

基本を正しく理解し経験を積む

どんなテクニカル分析でも万能というものはありません。それぞれの基本や長所・短所を正しく知った上で経験を積むことで、初めて信頼できるようになります。ある程度色々なチャートを見ていくことで、自分の信頼できるものが幾つか見つかるはずです。しかし、あまり多くの種類のチャートばかり見ると、余計に迷ってしまうことにもなります。あまり複雑な手法より単純なものの方が信頼性が高いと思います。
自分が良いと思うチャートを見つけたら、なるべく多くの通貨ペアで時間足、週足など期間を分けて見ることです。ただ1つのチャートだけを見ていくと偏った見方になることがあるので、できるだけ複数のチャートを組み合わせて見ていくことをお勧めします。