レートパネル

外国為替は通貨を通貨で売買する取引であり、通貨ペアには幾通りもの相関性があります。取引対象の通貨ペアだけを見るだけでは、儲けることはできません。

どの通貨ペアが相場の主役なのかを見極める

相場には常にその時々において主役がいるものです。相場の値動きを予想するにあたって最も大切なことは、どの通貨がその時の相場をリードしているのかを知ることです。
例えばポンド円の取引を始める時には、ポンド円だけを見ていては相場を見誤ることがあります。その時のポンド円の相場を動かす主役がポンドなのか円なのか、あるいはドルなのかを見極めることが大切です。それによりレンジはともかくとして、取引の開始や終了する時期の予想が立てやすくなります。

関係性を見る

例えば、ポンド円の取引をする時にはポンド円だけではなく、ポンドドルとドル円の動きも同時に見ていくことが必要です。そして、現在の相場を主導しているのはどの通貨なのかを見極めることで、売買のタイミングを見つけることができます。もちろんこの米ドル、ポンド、円の3通貨ペアだけではなく、他のクロス円も同時に見ていくことも大切です。更にポンドはユーロによる影響も大きいことから、ユーロポンドとの関係にも注意するようにします。当然、その通貨のファンダメンタルズなどの動向を注視することは基本になります。