ローソク足

1つのチャートだけを見ていても相場の流れをつかむことはできません。いま現在の長、中、短のトレンドがどう動いているかを多面的に捉えることが必要です。

異なる期間のチャートを見る

相場の流れをつかむには長期、中期、短期のチャートで動きを比較しながら見ていくようにします。レベルと言うのはそれぞれの期間により異なるもので、日足で見ると高いレベルにあると思っても、時間足で見ると低いと感じることもあります。そして5分足では再び高いと感じるなど、期間が変われば自分の感覚も変わってしまいます。この感覚の違いに惑わされないように注意しなければなりません。

値動きの大きさを見る時は値幅の単位にも注意

最高値と最安値の差(値幅)を日足、時間足、5分足と見ていくと、期間が短い足ほど小さくなっています。期間を変えながら現在のレベルを確認すると同時に、値幅のスケールとローソク足の長さを見ることで値動きの大きさを正確につかむことが必要です。
また、取引スタイルによって主に使うチャートの期間は変わりますが、必ずスタイルに合わせて長期から短期までの動きを頭に入れてイメージを描いてから取引を始めます。イメージが沸くまで繰り返し見直します。