下げ相場

FXではロングでもショートでも抵抗なくこなせるようになることが必要です。年に数回程度はよくある急落時こそ売りで大きく儲けるチャンスです。

売りの方が短期間で儲けやすい
ドル円は上昇する時に比べて下落時には一気に下がる傾向があります。
これまで長期間にわたりドルの金利は円よりも高い水準で推移していました。ある意味でドルは円に対しては高金利通貨であり、当然金利差を狙うのであれば買いから入りやすかったと言えます。しかし、サブプライム問題が起きてからはドルと円の金利差はほとんどなくなりました。ドル円に限らず高金利の通貨であれば、タイミングを計って売りから入る方が短期間で稼ぎやすいということです。デイトレで稼ぎたいならば、売りも買いも両方使いこなせるようにすることが儲けるためには必要です。
高金利通貨はじりじり買われて一気に売られるという特徴がありますが、その反対に円はじりじり売られて急激に買いが強まるという傾向があります。これは円が低金利通貨ということだけではなくローリスクということから、避難通貨としての面も備えているためと考えられます。それは対ドルだけではなく他の通貨に対しても同様であり、その点ではスイスフランも円と同じような通貨と言えます。
長期下降トレンドの通貨ペアで常にショートのポジションをキープするということは、スワップコストがそれだけ多くかかることになります。したがって市場参加者は、一般的に金利の高い通貨は買い持ちでキープしたいと思いやすく、だからこそ下落する時は早いと言えます。
スワップコストはキャピタルゲインに比べれば些細な金額です。小さなコストを気にして大きな利益を逃しては儲けられません。ショートをうまく使いこなせれば利益を大きく増やすことができるはずです。