相場が動く時間帯

狙い目は欧米市場の取引時間帯

FXは24時間いつでもできますが、1日の時間帯によって取引が活発な時と、ほとんど動かない時があります。必ずそうなるというわけではありませんが、外為市場でも為替レートがよく動く時間帯が24時間の中にはいくつか見られます。それを知っていれば短時間のうちに効率的な取引ができます。

日本時間:5時~7時

ニューヨーク市場が閑散となり、日付が変わる7時(夏時間では6時)前にポジションクローズの動きが見られます。市場の流動性が低く、特にニュージーランドの指標発表などを狙って仕掛けが入りやすい時間帯です。

日本時間:8時~10時

東京市場が動き出す時間帯です。特にゴトウビ(5と10の付く日)と言われる日には、10時の仲値を決めるためにドル買いのニーズが高まり、早朝からドル円が上昇することが多く見られます。

日本時間:15時

為替オプションの満期日(権利行使日)には締切時間があり、それをカットオフタイムと呼びます。東京では15時が多く使われるため、この時間帯ではポジションの調整などから、ある特定の通貨が一方向に動くことがしばしば見られます。

日本時間:16時

欧州勢やロンドン勢が動き出す時間帯で、特に東京のポジションの偏りを狙う動きなどから激しい動きがよく見られます。

日本時間:19時~24時

19時台(夏時間では18時台)は英国や欧州の重要指標の発表が、22時30分(夏時問では21時30分)は米国重要経済指標が発表されることが多く、市場はその前にポジションの手仕舞いや仕込みの動きも見られます。指標発表と同時に大きく動くことが多く、24時間の中で最も動きやすい時間帯です。24時はニューヨーク市場のオプションカットオフタイムとなることから、特に24時も注目されます。さらに25時はロンドンの仲値を決めるフィクシング・タイムのため、この時間の前後から動き始める所も見受けられます。

その他

以上が主な為替市場の動きやすい時問帯ですが、その他にも重要なイベントが行われる時などあらかじめ大きく動くと思われる時間帯があります。例えばサミットの開催や各国中央銀行の政策金利発表などです。さらに各国中央銀行総裁や財務相などの議会証言や講演などが予定される時間帯を狙って取引を行えば、限られた時間でも取引の効率を高められます。