FXの特徴には大きく分けて次のようなものがあげられます。株式や債券など証券投資にはない為替取引の特徴をしっかり押さえましょう。

外貨の売りからも始められる

FXでは外貨の買い(ロング)からだけではなく、外貨の売り(ショート)からも取引を始められます。例えばドル円でドルを売り、ドルが下がった(ドル安円高)所で買い戻せば利益になります。外貨同士の通貨ペアでも同様で、下がる(安くなる)と思った方を売り、下がった所で買い戻せば利益が出ます。

差金決済だから少ない元手でできる

FXは差金決済という決済方式によって取引が行われます。売り買いによって発生する差額分のみを決済(売買ポジションの手仕舞い)するわけですから、自己資金の何倍もの取引を行おうが、決済する時にその差額分で発生する損失以上の証拠金が口座にあれば、大きな金額の取引も可能となるのがこのシステムです。しかし、本来外貨を買うのに必要なお金が足りないのに、一体どうやって取引できるでしょうか?それはFXの取引が同日に決済されるから可能なのです。
例えば円で10万ドルを買うには、1ドルが100円の時、外貨預金では実際に1000万円が必要になります。しかし、FXでは同日で売り買いを決済させるために、元本の10万ドルは売りと買いを相殺(売り買いが同額で±ゼロになる)することができ、いちいち受け取って支払う必要がなくなります。もし当日に決済せず次の日にポジションを持ち越すとしても、FX業者が当日のポジションと反対の売買を行い、次の営業日に再び同じポジションを建てる(スワップ取引)ことで当日のポジションを決済します。
現在の銀行間同士の取引もネット決済と言って、これと同じ決済方法を取っています。大きな金額を動かすということ自体がリスクになるため、このようなシステムが今では一般的となったようです。もし当日に決済しない場合にはポジションを同レートのままで次の日に繰り越します。これをロールオーバーと言い、その時に発生する金利差をスワップポイントと呼びます。

高金利通貨の買いでスワップポイントがつく

スワップポイントとは、2つの通貨同士の金利差に基づき算出される額のことで、外貨の売りか買いのどちらかのポジションを次の日に繰り越すロールオーバーをする際に発生します。金利の高い通貨を低い通貨で買うと、そのスワップポイントを受け取れますが、逆に高金利の通貨を低金利の通貨で売ると、逆に支払わなければなりません。
例えば豪ドルの年利が2.5%で円の年利が0.5%、1豪ドル=90円の時、10万豪ドル買ったとします。金利差が1年間変動しないと仮定した場合、その買いポジションを1年間ロールオーバーすると、理論的には金利差2%分を受け取ることになります。即ち10万豪ドルの2%の金利分にあたる2000豪ドルを受け取り、10万豪ドルの円対価である900万円の0.5%の金利分4万5000円を支払います。もし1年後もレートが90円で変わらないとすれば、豪ドル金利分の2000豪ドルを売れば18万円を受け取りますから、円金利の4万5000円を支払うと17万5000円の金利差が利益として手元に残る計算となります。
FXではポジションを保有する限り、土日や祝日も含め、毎日スワップポイントの受け取りまたは支払いが生じます。
このようにFXでは高金利の通貨を低金利の通貨で買えば、もし為替差損が出たとしても金利差分によって、長期間保有する際に余裕ができることになります。株で言えば配当が入るのと似ています(高金利通貨の取り扱い方は後半で詳しく説明します)。ただ現時点では、各国の利下げにより円との金利差が大幅に縮小し、スワップポイントの水準もかなり小さくなっているため、スワップポイント狙いの取引は難しい状況です。一方で低金利の時代には今後利上げの可能性が高まることから、FX本来の為替差益を狙った取引と同時に長期投資の仕込みのチャンスも期待できます。

レバレッジの利用で資金効率が高い

レバレッジとは挺子のことです。FXは前述の差金決済の仕組みにより、証拠金の何倍もの取引が可能です、例えば1ドル=100円の時、レバレッジが最大25倍のFX業者では証拠金を20万円入れた場合、20万円x25倍で5万ドル(日本円で500万円)相当までの取引ができることになります。その場合は5万ドルの買いで1円円安になれば5万円の利益が出ますが、1円円高になれば5万円の損失になります。

土日を除き24時間取引ができる

外国為替市場は24時間休みのない市場です。FXでも土日を除き、24時間取引が可能です。24時間取引と言いながらなぜFXでは土日の取引ができないのでしょうか。その理由は土日でも取引をしようと思えば可能ですが、参加者がほとんどいないことで売り買いのスプレッドが極端に広がるため、FX業者も土日の取引を制限しているからです。ただし、日本の祝祭日は海外市場には関係がありませんので、祝祭日でも取引できます。

通貨ペアが多い

FX業者によっては40ペア以上もある会社もありますが、実際の取引では最低10ペア程度、多くてもせいぜい20ペアもあれば十分でしょう。ただし、取引をしなくても様々な通貨の動きを参考にすることは大切です。

手数料その他のコストが圧倒的に低い

顧客のコストとしては、取引手数料とスプレッドがあります。現在、ほとんどのFX業者では取引手数料が無料で、スプ1/ッドもドル円で1~2銭程度の業者が主流です。FXは外貨建て金融商品の中で圧倒的にコストが安く、デイトレなどで頻繁に売買することができるのです。