通貨安と通貨高の意味は慣れるまで間違いやすいので正確に理解しましょう。

通貨の高い安い

円高とは他国通貨に対して円の価値が上がることで、円安とは逆に円の価値が下がることです。例えば1ドル=100円から90円になれば10円の円高で、ドルに対し円の価値が10%上昇したことになります。反対に1ドル100円から110円になれば、10円(10%)の円安です。円高が進むと日本の輸出企業の業績悪化懸念から株式市場が下落したりもしますが、反対にガソリンなど輸入品の価格は下がり、海外旅行にも行きやすくなります。自国通貨の上昇は国力を計る上で1つの尺度になりますから、長期的に見れば円高が日本経済にとって一概にマイナスだとは言えません。
日本は輸出依存型の経済で長年にわたり巨額の貿易黒字国ですから、外貨で受け取った輸出代金を円に換える時に外貨売り円買いのニーズが生まれます。そのため歴史的に見ると円高になりやすい傾向があります。ただし最近では黒字額の減少から、その傾向も徐々に弱まり始めています。

ドル円相場では円高はドル安、円安はドル高と同じ

テレビなどでは円高になった、円安になったと普通に言われていますが、FXでは通貨ペアの左側の通貨を主体として考えますので、ドル円で円高になればそれはドル安と同じことで「ドル安(円高)」になったと言い、円安になれば「ドル高(円安)」になったと言います。外貨同士でも同じで、ユーロドルではユーロ高(ドル安)、ユーロ安(ドル高)と捉えます。

安く買って高く売れば利益が出る

円高・円安はクロス円の利益の源泉です。どんな相場でも安く買って高く売れば儲かります。例えばドル円が100円の時に1万ドルを買い、101円のドル高円安になった時に売れば1円の鞘を抜いたことになり、利益は(101円-100円)×1万=1万円になります。1ドル100円の時に1万ドルを売り、99円のドル安円高になった時に買い戻せば、同様に1万円の利益になります。買った後に買値より円高になったり、売った後に売値より円安になれば損失が発生しますから、取引する際はこれからどちらの方向に向かうのかを見極めることが重要になります。
なお、ドル円やクロス円のチャートではチャートが右肩上がりなら円安、右肩下がりなら円高と視覚的に判断できます。