投資信託はプロが運用する

知識がない初心者こそ投資信託がオススメ

投資には専門知識や経験が必要です。右も左もわからない人が、個人で投資を始めても損をするだけかもしれません。しかし、投資信託は投資のプロが代わりに運用してくれます。経済情勢の分析など、難しいことはプロにまかせて手軽に始められます。

株と違って時間が自由に使える

お金を増やすための努力をプロがしてくれる投資信託は、買ったあとの手間がかからないのも大きなメリット。しじぷう株は、市場が開いている平日9時から15時の間にリアルタイムで売買されるため、時間の制約があります。また、売買のタイミングを知るために市場分析をしたり、銘柄の勉強をする時間も必要です。投資信託は、市場が閉まっている真夜中でも早朝でも買え、経済と複雑に関わる市場の動向なども、プロが専門家の目でチエックしてくれます。

2.超少額からでも投資できる

月々500円からでも始められる

少額から気軽に投資ができることも、投資信託の魅力のひとつといえます。商品によDますが、投資信託は基本的に1万円前後の資金を用意すれば始められます。笛月一定金額で投資信託を買う投信つみたて積立なら、月々㎜円や1000円という少ない金額で始められる商品もたくさんあDます。投信積立は、初心者が投資信託に慣れるためのステップとしてもオススメです。

少額でも複数の銘柄に投資できる

投資信託は、複数の株や債券などの投資商ロロoを組み合わせてセットにしたもの。そのため、本来個人で株を購入すると何十万円も資金が必要な銘柄にも、少額で複数の投資ができることも魅力です。さらに投信積立なら、毎月少額で投資信託を購入できるため、通常の方法で買うよりもリスクをおさえる効果があDます。いくつかの商ロooを投信積立で数か月体験して、お気に入りの商品を見つけたら、積立金額を増やしてステップアップするのもよいでしょう。

3.NISAで税率0%

年間伽万円までの投資の利益が非課税に

株や投資信託で得た利益には通常、利益の約20%の税金がかかります。しかし、NlSAを利用することで、この税率が0%(非課税)になります。NlSAは、投資の促進を目的とした税制優遇制度です。2014年のスタート時に年間投資金額が00万円だった非課税枠が、2016年からは120万円に増額され、さらにおトクな制度になっています。

ひとつの非課税枠の利用期間は5年間

NlSAを利用するには、金融機関で専用口座を開設する必要があDます。NISA口座の開設は1人につき1口座のみ。ロ座を開設すると20万円分の非課税枠がひとつもらえ、以降1年ごとに120万円分の非課税枠が増えていきます。ひとつの枠に対する非課税の有効期限は、それぞれ5年間。つまり、5年間で最大600万円までの非課税枠が利用できます。ほかにもNlSAの利用には普通の取引とは異なるルールがあるため、しっかりチェックしておきましょう。

4.簡単にリスクが分散できる

株価の暴落などによる大損のリスクが少ない

株のように、自分で銘柄を選んで投資すると、企業の倒産や事故、災害などによる急な価格の下落によって資産が大幅に減るおそれがあります。投資信託はひとつの商品にさまざまな銘柄が組み入れられているため、そのうちのひとつの価格が下落しても全体に及ぶ影響は小さくてすみます。リスクを避けるために、株のように常に売買のタイミングを気にする必要もありません。

自動的にリスクを分散できる

福袋のようにバラエティ豊かな商品がパッケージされている投資信託は、商品そのものに分散投資の効果があります。国内株だけを組み入れたもの、国内外の株と債券をバランスよく組み入れたものなど、商品によって投資対象はさまざま。中身の違う福袋をいくつか買うように、異なる投資対象が組み合わされた投資信託を複数選んで買えば、リスクをさらに分散できます。難しく考えなくても、商品の買い方によって自動的にリスクを分散できる手軽さも投資信託の魅力です。

5.投資した資産が守られる

関係先が破たんしても心配無用

「○○証券経営破たん」。ある日、突然報じられたニュースが自分が買った投資信託の関係会社だったとしても、あわてる必要はありません。投資信託の販売や運用に携わる3つの会社が破たんしたとしても、投資家が預けたお金は守られる仕組みになっています。ただ、保護対象となる投資額に上限はありませんが、運用で損失が出ていたら元本割れすることがあります。

投資家の財産は分けて管理されている

投資信託を販売・運用・管理する会社では、会社の資金と投資家から集めた資産を別々に管理することが法律で義務付けられています。そのため、3つの会社のうち、どの会社が破たんしたとしても、投資家の財産が差し押さえを受けたり、預けたお金が破たんした会社の損失補填に使われてしまうというようなことは起こりません。投資信託を始めたこの先、運悪く関係会社が破たんすることはありえないことではないですが、投資家に資産が戻らない心配はないのです。