IT導入補助金とは

lT導入補助金は、「情報技術を取り入れることで、経宮状況を可視化したい」「業務を効率化したい」「新しい顧客を獲得したい」と考えている中小企業に、lTツール導入に関する購買を補助してくれます。通常枠では、ソフトウェアやクラウドサービスの利用費、専門家に相談する経費などが補助対象となります。補助率は、経費の2分の1。補助額30万~150万円未満のA類型と、補助額150万~450万円のB類型があります。新設された特別枠のC類型では、パソコンやタブレットなどのレンタル費用も補助の対象に含まれます。特別枠の上限額は30万~450万円です。

下記のA~Cのうち、A「サプライチェーンの毀損への対応」に力を入れる場合は3分の2、B「非対面型ビジネスモデルへの転換」かC「テレワーク環境の整備」に力を入れる場合は4分の3に、補助率が引き上げられます。「コロナ禍」の発生以降、クラウドなどを利用した在宅勤務や、会議のオンライン化など、ITによるテレワークが一気に推進されています。そんな中、このIT導入補助金はぜひ利用したい制度です。「自分の業種はあまりITと関係しなさそうだから・・・」と尻込みする方もいるかもしれませんが、製造業、建設業、卸・小売業、サービス業、医療、介護など、幅広い業種が応募できます。
この制度のもうひとつの大きな特徴は、手続きやITツールの導入に、lT導入支援事業者という専門家に相談し、サポートしてもらえることです。詳細はlT導入補助金のホームページに載っており、公募要領もそこからダウンロードできます。

A:サプライチェーンの毀損への対応
コロナが原因でサプライチェーン(商品の原料調達から販売までの一連のつながり)が壊れてしまったため再構築するという対応
B:非対面型ビジネスモデルへの転換
人と人が直接会うと感染リスクにつながることを踏まえ、リスクを軽減するしくみを整える取り組み
C:テレワーク環境の整備
人と人が直接会うと感染リスクにつながることを踏まえ、リスクを軽減するしくみを整える取り組み