over the border

補助金

補助金

補助金は、民間企業の行う事業計画にかかる費用を政府や自治体が一部負担する事で、国や自治体の政策目標に合わせ、さまざまな分野で募集されており、事業者の取り組みをサポートするために資金の一部を給付するというものです。しかし、必ずしもすべての経費がもらえる訳ではありません。事前に補助対象となる経費・補助の割合・上限額などを確認しましょう。また、政府が目指している目的と事業者の目標が一致している場合、助成金や給付金より多額の支援が受けられますので事業者は是非有効に活用したいところです。

補助金は融資などとは異なり、基本的に返済する必要はありませんが、補助金には交付を受けるために事業内容が相応しいか、事業計画が適切であるか等の審査を受ける必要があるので、「申請したら必ずもらえる」というものではありません。補助の有無や金額は「事前の審査」と「事後の検査」によって決まります。また、原則、補助金は後払い(精算払い)なので、事業の実施後に必要書類を提出して検査を受けた後、受け取ることができます。

各種補助金
持続化補助金
IT導入補助金
ものづくり補助金
事業再構築補助金

補助金の財源は税金で賄われており、不正に使われたり公益性の無い事業に補填されたりしないよう、補助金の交付や使途については「補助金適正化法」という法律で定められ、違反した場合には厳しい罰則が設けられています。

補助金の制度には似たような条件ありますが、これらの制度はそれぞれ固有の補助対象を定めています。

  • 持続化補助金 ⇒ 販路開拓
  • ものづくり補助金 ⇒ 設備投資
  • IT導入補助金 ⇒ IT導入

これらの目的のための取り組みがコロナへの対応にもなる場合、それぞれの特別枠として、より手厚い補助を行ってくれますので、力を入れたいと思っているテーマに最も関連する補助金に応募してください。なお、同一・類似の取り組みに、これらの制度を併用することはできません。

補助金と助成金の違い

補助金と助成金の違い

補助金と助成金では管轄している省庁が違います。補助金は経済産業省の管轄に置かれ、民間企業の経営や公益性のある事業支援をするために交付されます。それに対し助成金は……

特別枠

特別枠とは

中小企業への支援を行う独立行政法人中小企業基盤整備機構(中小機構)は、中小企業生産性革命推進事業という取り組みを行っています。中小企業の「業務などを効率化し、生……

交付までの流れ

補助金交付の流れ

補助金交付までの流れは大きく以下の6つに分類できます。 申請 審査 採択 事業開始 交付 その後の対応 1.申請 補助金の公募は中小企業庁が行う事が多いので、直……

© 2006 - 2021 Area Zero